注文住宅のメリット・デメリット

新たに自宅を購入する際に、注文住宅にしようと考える人は多いですよね。ですがメリットばかりに着目し建てた結果、様々なデメリットが発生することがあります。その為まずは注文を建てる際のメリット及びデメリットについて考えておかねばなりません。 まずメリットとして挙げられるのが、自分好みに間取りや内装が行えるという点です。建売住宅や中古物件の場合、既存の間取りや内装が固定されてしまい、自分の家を手に入れたという実感が得にくいことがあります。また間取りや内装を変更する際に、非常に大きな費用がかかってしまうこともあります。しかし注文住宅であれば最初から自分の思うような間取りで建築することができるため、自身の希望する条件や、現在の状況に応じて自宅を建築することができます。更に予算の調整も細かく行えるため、予算が厳しいためプランを縮小したり、逆に予算が余りそうなので様々なオプションを付けるなどの選択も自由に行えます。 一方デメリットとして挙げられるのがコストの高さです。自由に設計を行えるとはいえ、耐震性や耐久性をしっかり計算しなければなりません。そのためそれらに関する設計料などが別途必要になる他、建具などの費用も新たに発生する場合もあります。そのため場合によっては建売住宅よりもはるかに高い費用が発生することも考えられます。まずは自身の予算をある程度決めておき、それに合うような住宅にすることが重要です。 上記のようなメリット及びデメリットをしっかり抑え、自分だけの注文住宅を建築することをお勧めします。